肝臓のデトックス力を保つことが美容と健康につながる

肝臓のデトックス力を保つことが美容と健康につながる

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を無害にしているのです。

この肝臓の働きがうまくいかないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。

肝臓のデトックス力を保つことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていく重要なポイントです。

法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消してしまいたい、と思ってしまいます。

シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。

シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こういったことの積み重ねが、つまるところエイジングケアにつながることにもなります。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを与えられることが多いですが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると思っている女性も少なくありません。

シミを避けるのだったら、ほとんど日焼けをしない生活を目指してください。

顔にシミが出来ないようにするコツは、こまめな日焼け止めの塗布です。

そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、巨大なクマやほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。

こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳以降にはもう肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアをほぼ放棄して、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。

シワが発生する、その主な原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、ダメージが日々蓄積していくことが肌にとって大きな問題なのです。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるでしょう。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、おすすめの食べものです。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌効果をねらうのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。

わかりやすいのは、目の下でしょう。

この部分はシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

顔に限定してみますと、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

洗顔したら、手早くタオルで水気をとってたっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。

お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるそうです。

もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと皮膚に厚みのある場合と比べ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌のハリツヤが失われます。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。

うっかり力を緩めることなくクレンジング剤や洗顔料を使ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、クルクル丸を描くように、というのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

Comments are closed.